top of page

☆子豚の自動保温BOX☆ ~キャンペーン紹介~

2023.10.25


皆様こんにちは。


本日は、畜産部より養豚農家の皆様へ子豚の育成率UPに貢献する機材        ワンタッチBOXを紹介させて頂きます。


ワンタッチBOX写真



ワンタッチBOXとは、子豚用自動保温箱の事で完全自動電子温度コントローラーにより自動で温度調節してくれる保温装置です。


母豚の適温は15~20℃といわれており、これからの季節、母豚にとって快適な季節になりますが子豚の適温は25~35℃といわれており寒さに弱いのです・・・。

母豚と子豚が同居する分娩舎は2通りの温度管理が必要になるのでワンタッチBOXを活用した温度管理は新生子豚には必須アイテムです。



~メリット~

① ランニングコストが安い

② 温度調整の手間がかからない

③ 室温が上がらないので母豚への悪影響が少ない

④ 子豚の発育に応じた最適温度で保温する

(温度不足によるストレスが少なく発育が良い)

⑤ 火災の心配がない





ななななんと、3月末までお試しキャンペーン実施中~!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シングルタイプ(DSK3型)購入で、BOX1台、BOXヒーター1台、底マット1枚をサービス!但し、1件につき1台までとさせていただきます。

☆1農場さんにつき1回限り1台無料☆

例:1台購入→1台サービス

  2台購入→1台サービス

    ・

    ・

  5台購入→1台サービス


となっております( ^^)


この機会にぜひ導入してみてはいかがでしょうか?(^^)






これからの季節、さらに活躍すること間違いなし‼

下記、製品説明を是非ご確認ください!






☆製品説明☆



「母豚も子豚も快適!」

・ワンタッチBOXは保温力が高い

・子豚からでる体熱を逃がさないでBOX内で保温を確保

・設定温度に達していればほとんどヒーターは点灯しない

・子豚がBOXに出入りするとヒーターの点灯が変化するのでいかに体熱を有効利用しているかがわかる。



「温度コントローラー」

・電源コードの長さは1.7M

・電源をいれると日齢が1日目からスタートし24時間タイマーで

日齢が変わっていく。

・日齢に応じて理想的な温度になるようにマイコンにインプットし

常に設定温度が保たれるようなっている。

・5日令までは設定温度が高いのでヒーターは随時点灯する。

それ以降は設定温度も下がるのでヒーターは殆ど点灯しなくなる。

・ BOX内は十分温度がとれる。(ヒーター管の寿命も長くなる)

・分娩モードは分娩前にBOXを温めておきたいときに利用する。

・日齢表示は点灯せずタイマーもオフになり常に1日目の設定温度

で何日も保っている。生まれたら自動ボタンを押すことで日齢が

・1日目になりタイマーもスタートする。

・あとは自動で制御するのでまったく手間がかからない。



「温度コントローラーのヒーター出力は2ヶ所」

・1台のコントローラーで2台(2BOX)制御できる。

・設定温度は2BOXとも同じになる。(ダブルタイプ)

・この場合温度センサーをセットしたBOX側の温度で制御するので

どちらか片方を使う場合は使用する側に温度センサーをつける。

(この組み合わせは分娩日が重なる中~大規模向け)




⇩設置前の分娩舎

設置前。分娩舎内は何もありません。

⇩設置後の分娩舎

設置後。分娩舎内の6割ほどをBOXが占めています。

※豚舎の構造や状況に応じてBOXのサイズを合わせることも可能です。

 お気軽にご相談下さい。




Comments


お問い合わせ
※は必須項目です

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

bottom of page